Monday, October 13, 2014

アイデンティティの魅力


この話は英語で書きたいです。英語で書けば私が言いたいのがはっきり伝えられるからです。でも、私が英語ではっきり書いても私が読んでくれてほしい人たちが読めないと意未がないでしょう。この理由でまず日本語で頑張ってみます。

私は新しい人と出会うことが大好きです。特に、私とは99%が違うけど一つの同点がある人達と出会うことが好きです。それは、アイデンティティの魅力だと思います。目で見えない物で仲が良くなってくれる物がアイデンティティではないでしょうか。言語と文化がそれが見えるようにしてくれます。一つの言葉か小さい行為でお互いに、何も知らなくても、近く感じるようにしてくれます。


買い物してから家に戻っていました。今学期に日本語の授業をとっていないから誰かと日本語で話せば良いなあと思っていました。その後、隣に日本語が聞けました。アメリカならどの言語を聞いてもそんなにびっくりされないがワシントンD.C.では日本人があまり見えません。お久しぶりに日本語を聞いて嬉しかったです。始めに、理由がないのに話しかけるのは失礼と思って何も言わなかったが、信号待ちながら目が合って笑顔しました。それから話が始まりました。その時に本当に短い話しか出来なかったが名刺をもらって後で一緒に食事するようになりました。食事しながら理解が出来なかった内容も結構あったし日本語がうまく出来なくて失望感もありました。しかし、楽しかったです。言葉で言えなかったのはお互いに理解が出来るように努力することで満足が出来ました。

それから、もう一つ。私の面接質問が浮かびます。私の面接者が、ワシントンD.C.を誰かに紹介する機会があればどこに案内したいですか、と聞きました。アメリカ人も良く知らないワシントンD.C.の外観が見せたいですと答えました。この機会が本当に来て喜びです。

私の友達になって下さってありがとうございます。日本に行く時ぜひ再び会いましょう。

スー






Sunday, September 7, 2014

兄とブランチ

子供の頃、私は兄と仲があまり良くなかったです。意見やライフスタイルが全然違って話題さえ出来ませんでした。ワシントンD.C.(家は車で14時間ぐらい)で一人暮らししているのはもう4年になりました。その4年の間に私は兄を四回しか合えなかったです。時々私は兄がいると言う事を忘れてしまった時も結構あると思いますが、本当に大変な時に兄が頭の中で浮かびます。それが家族と言う事でしょうか。喧嘩しても大変な事があれば話せる人。。。

それでも、時間が過ごせば過ごすほどお互いの考え方がどんどん分かるようになっているそうです。喧嘩なしわけではありませんが少なくとも兄弟の関係を守るために頑張っています。




スー




Saturday, September 6, 2014

My 5th Grade Teacher

I won't be deconstructing and analyzing my childhood in this post, but I would like to share with you a person who changed my life, my 5th grade teacher. 

I still remember her voice when she read to us "Where the Red Fern Grows." She was so calm and collected, but just as firm and diligent with her students. 

I remember the first book she recommended to me. It was called "The Enormous Egg," and it was about a dinosaur. It was a level 4.2 book. The book was almost a square shape, and it was yellow.

She is a cultured, current, active, and beautiful woman. I definitely aspire to become someone like her.

Thank you so much for everything.

Me & Mrs. Easley (My 5th Grade Homeroom Teacher)
スー

Thursday, September 4, 2014

cooking therapy

[Updated] I was so embarrassed by what I wrote the first time that I decided to edit the post. When I was in college, I lived in a studio apartment on 24th St. near the Trader Joe's in NW. And I spent a lot of time cooking for me and my friends.

I love making things. The process of building something with the motivation that I or someone else will be able to interact with it in a positive way is therapeutic in many ways. It also gives me the opportunity to share a taste, a smell, a feeling of home with my closest friends. It give me the opportunity to become an organized planner and a logical thinker because I need to map out the most efficient way to cook and clean simultaneously. (I can't enjoy a delicious meal if my kitchen looks like a tornado went through it).

김치 만두 (kimchi dumplings)

불고기 만두 (bulgogi dumplings)

제육볶음 (spicy pork bokkeum)

kimchi pancake & katsu curry

Veggie Fried Rice

숙주나물 (sukjunamul)

Baked Chicken Nuggets

Tuesday, April 29, 2014

玉木さん、お久しぶりです!

Hello everyone,

I just wanted to make a quick update about something exciting! Last spring, I interned for U.S.-Japan-South Korea Legislative Exchange Program where the House of Representative Members of each designated country came together for an open conversation on political, economic, and other topics of interest. Through this program, I met so many incredible leaders who are passionate about the well-being of their people. One of which is House of Representative Member Yuichiro Tamaki-san. 


Last year, I was doing research on Japanese agriculture policy. Fortunately, I met Tamaki-san, who was on the Committee on Agriculture, Forestry, and Fisheries. Since I was going to be in Tokyo that summer, I asked if it would be possible to come speak with him to learn more about the Japanese agriculture sector. He was so kind to agree, and I was able to meet him in his Tokyo office. I learned so much about Japanese agriculture policy, and also got to see a beautiful view of the Prime Minister's office. 

Fast forward 9 months, and the 2014 LEP conference was announced. The program informed me that Tamaki-san would be returning to D.C. for the LEP. However, today, the day before the talks begin, he was a panelist for a Sigur Center event titled "President Obama's Trip to Asia: Legislators from Japan, South Korea and US Congress Discuss Challenges and Opportunities." 

Of course, I felt the need to express Japanese mannerism by bringing a small gift (お土産 - omiyage). I was so happy to reconnect with him after some time. It felt really nostalgic to see him again. He reminded me of the great time I had in Tokyo, and rekindled my interest for Japanese agriculture. 

Although my field of has changed quite a bit, I hope to return to Japan to implement the skills I learn in the next year to help the Japanese agriculture sector. I'm really excited and motivated by Tamaki-san. I can see how dedicated he is to his people in his social media, and he inspires me to do good for the people I love.

玉木さん、どうもありがとうございます!

スー

Tuesday, January 21, 2014

エリとスー:世界の失業者 [7]

世界の失業者、2億人超 13年推計、雇用回復進まず 2014年1月21日 08時47分 ダボス(スイス)共同】


photo by: www.chicagonow.com

国際労働機関(ILO)は20日、2013年の世界の失業 (しつぎょう)者数が推計(すいけい)で前年比490万人増の2億180万人、失業率は前年と同じ6・0%だった との報告(ほうこくしょ)を発表した。金融危機(きんゆうきき)後、米国などで緩(ゆる)やかな景気回復が続いているが、世界 的な雇用情勢(こようじょうせい)は回復が進んでいないことが示された ILOは、このまま推移すれば18年には世界の失業者が2億1500万人を超える(こえる)と 警告(けいこく)、厳しい(きびしい)雇用情勢(こようじょうせい)が今後も続くとみている 特に若者層(そ)が深刻(しんこく)で、13年の15~24歳の失業者は前年比(ぜんねんひ)70万人増の7450万 人、失業率は13・1%と高い水準(すいじゅん)を維持している 。


失業(しつぎょう)/ Unemployment         

推計(すいけい)/ Estimate
報告(ほうこくしょ)/ Report
金融危機(きんゆうきき)/ Financial crisis
雇用情勢(こようじょうせい)/ Employment situation 
緩やかな(ゆるやかな)/ Gradual
超える(こえる)/ More than
警告(けいこく)/ Warning
厳しい(きびしい) / Severe
層(そ)/ Layer
深刻(しんこく)/ Serious
水準(すいじゅん)/ Level

皆さん。今日は〜 最近あまりブログにあまり書かなかったですね。新年の目標のために毎日交換すると計画したのによくできませんでしたね。私は交換パートナーと交換を続きましたけど話したトッピクについて書く時間がありませんでした。確かに、学期が始まったからちょっと忙しくなりました。先に私のブログに書いたと思いますが私は今学期からコンピューター・サイエンスを勉強するようになりました。


実はこの記事と前の記事と直接関係があることでコンピューター・サイエンスを勉強するようになりました。もちろん、何年前からコンピューターに興味があって来たから始めた理由もありますがコンピューター・サイエンスと関係がある仕事が今はもちろん、将来にも仕事がたくさんあるかもしれません。どの企業でもテクノロジーが必要になってくるからです。でも、まだコンピューター・サイエンス(例:JAVA, C++, Pythonなど)と関係がある技術がある人があまりいないのでコンピューター・サイエンスを勉強している人は就職が簡単だと今言われています。その上、言語がよくしゃべられないともあの国で働けます。


もっと広く考えると現代に一番重要なのはコンピューター・サイエンスだけではなく多くの人とコミュニケーションができることではないでしょうか。そうなら、外国語もそのくらいまで重要ではないでしょうか。


----------- *


Hello everyone!


It's been a while... I know I made all those goals for the New Year, but obviously I haven't been able to achieve everything. Particularly, I am (T^T) because I wasn't able to post daily on my language exchange with my friend Eri. We have been doing language exchange more often than I have been posting; however, with the new semester, I have been a little busy (and it's just going to get crazier).  I decided to begin my study of computer science (officially) this semester, so I have been a bit overwhelmed with the new material... However, it is potentially the best thing ever! I really enjoy my lectures, and I'm actually totally bummed that there is a snow day today because all my favorite classes are today...


In any case, I'm going to try my best to continue to make posts not only about my language exchange with my lovely Eri, but also some of the other things that are going on. I hope you enjoy <3


Lets have an awesome 2014!


スー

Sunday, January 5, 2014

エリとスー:スマートフォン [6]

「スマホで事故防止」

by: http://s1.cdn.memeburn.com/
スマートフォンは通信(IT, internetの事)に革命(かくめい revolution)を起こしましたが、それらを歩きながら使う人々には新たな危険ももたらしました(出来た)。(そんな中で)日本の国土交通省(Ministry of Transportation)と自動車メーカーは、歩行者(ほこうしゃ)を交通事故から守る新しいソフトウエアを考え出しました。
そのソフトウエアは2通りに機能(きのう)します。まずGPSの情報を使って歩行者の動きを予測(よそく)し、そしてその情報が歩行者と車の間でやりとりされます(メッセージを送ってくれる事)。もし危険が迫っている(期限が聞いている感じ)と見られるときは、歩行者と運転車の双方(そうほう)に、「車に注意しましょう」や「この先に歩行者がいます」という警告(けいこく)を発します。

Technological innovations are allowing accident prevention measures for pedestrians and drivers.